先輩インタビュー

HOME» 先輩インタビュー »ケアスタッフ 高橋加容

先輩インタビュー

ケアスタッフ 高橋加容


 

■ 現在の仕事内容は?

特別養護老人ホームの介護職員として働いています。身体・精神上の障害や認知症などで在宅での生活が困難な高齢者の方へ入浴介助・食事介助・排泄介助などの身体介護サービスの他に、趣味やレクリエーション、年間活動を通して日々の生活に楽しみや生きがいを感じていただけるような個別ケアサービスを行っています。

■ 大阪自彊館に入職したきっかけは?

それまでは販売接客業で仕事をしていましたが、もっと直接的に人の役に立てる仕事をしたいと考えていました。また、資格や技術を身に付けてライフスタイルが変化しても働ける職業に就きたいと思い、派遣職員として当法人の障害者支援施設で働き始めました。未経験の私は不安もありましたが、先輩方が温かく丁寧に指導してくださいました。また、ご利用者一人ひとりと真剣に向き合い、一緒に悩み、小さな変化に一喜一憂しながらいきいきと働く先輩方を見て「私のやりたい仕事がここにある」と思い、入職を決めました。

■ 大阪自彊館の魅力や印象を教えてください。

当法人は長い歴史があり、時代の流れに合わせて地域の方々が必要とされる福祉サービスを提供してきた柔軟性があり、若い職員も積極的に提案することができます。私のように、未経験で資格や知識がなくても個々のレベルに合わせた指導を受けることができます。そして休日が多く、資格取得支援も充実していますので、仕事と勉強の両立が無理なくできることで、スキルアップに繋がります。

■ 今の仕事のどんな所にやりがいを感じますか?

ご利用者の中には認知症のために気持ちを表すことが困難な方がいらっしゃいます。そのような方を理解するために試行錯誤しながら日々関わり、ふと笑顔を見せてくださったとき、少しでも心に寄り添う事ができた瞬間を感じ、嬉しくなります。また、看取りケアで最期を迎えられたご利用者の家族から「皆さんがお世話をしてくださって良かった。ありがとう」と言っていただけた時には、胸が熱くなります。

■ 高橋さんのこれからの目標を教えてください。

福祉サービスを必要とする方々の多種多様なニーズに柔軟な支援ができるよう経験を積み、知識を増やして成長していきたいです。