先輩インタビュー

HOME» 先輩インタビュー »ケアスタッフ 岸本有未

先輩インタビュー

ケアスタッフ 岸本有未


 

■ 現在の仕事内容は?

障害者支援施設の介護福祉士として働いています。障がいのあるご利用者の、
食事・入浴・排泄などの身体的な介助や、体調管理・日中を充実するために生活支援を行います。
介助については、ご利用者一人ひとりの障がいが異なるため、
看護師・理学療法士・栄養士などの他職種と連携し、残存機能を活かした介助を行っています。
生活支援については、担当スタッフが面接や利用者の日常生活を通じて知ることができる希望や
ニーズに沿った個別支援をします。
障がいの有無に関わらず、充実した日常生活を送ることができるように、努めています。

■ 大阪自彊館に入職したきっかけは?

高校生の頃、病院でケアワーカーのアルバイトをしていました。仕事は大変で辛いこともありましたが、
患者さんの「ありがとう」の言葉に救われました。
その時、病気や障がいがある方の生活を支えたい、と思うようになりました。
介護福祉士になるため、短大へ進み、介護実習先として選んだのがいまみやでした。
実習期間中、スタッフから丁寧な指導を受け、様々な知識・体験をすることができました。

また、スタッフ・利用者がいきいきしており、笑顔が多く見られアットホームな雰囲気の施設だと思いました。
その頃から「ここで働きたい!」と強く感じ、入職しました。

■ 大阪自彊館の魅力や印象を教えてください。

短大時代の友人と話していると、他法人の施設では若い職員ばかり・・とよく耳にします。
当法人では職員の年齢層が幅広く、他の種別施設で経験を積んだ職員が多いため、
多様な視点で利用者支援に向き合うことができます。
自分自身、そうした様々な価値観に触れることで成長できていると思います。

また今度、喀痰吸引等研修(たんの吸引や経管栄養を介護職員が行うための研修)に出張で参加するのですが、
こうした研修に積極的に参加させてもらえるので、スキルアップに繋がっています。
福利厚生が充実していて、休日が多いのも魅力です。

■ 今の仕事のどんな所にやりがいを感じますか?

普段私たちが当たり前のようにできていることも、障がいの程度によってはできなかったり、
時間がかかったりすることがあります。私達の支援を通じて、そうしたことができるようになり、
ご利用者と一緒に「出来た!良かった!」と喜びを共有できた時、やりがいや達成感を感じます。

■ 岸本さんのこれからの目標を教えてください。

入職当時は、一つの施設でずっと働いていたい、と思っていました。
しかし当法人は様々な事業を展開していますので、そうした事業も経験して、もっと視野を広げ、
ステップアップしていきたいと今は思っています。
生活困窮者支援や高齢者支援の分野にもチャレンジしていきたいです。
また、私が新任職員の時、介護に不安があった私を先輩職員が温かく見守り、
フォローしてくれたことを今でも覚えています。育ててもらった感謝の気持ちを、
これから入ってくる後輩職員への育成で返してきたいと考えています。