先輩インタビュー

HOME» 先輩インタビュー »ケアスタッフ 小山実優

先輩インタビュー

ケアスタッフ 小山実優


 

■ 現在の仕事内容は?

救護施設のケアスタッフとして働いています。
他の施設とは異なり、身体障がい・知的障がい・精神障がいといった障がいの種類や年齢によって対象者が規定されていないので、多種多様な方が生活されています。そのため、仕事内容も日常生活支援(食事、入浴、服薬)から就労や地域移行支援まで幅広く行っています。

■ 大阪自彊館に入職したきっかけは?

大学の実習で救護施設に訪れたことがきっかけです。職場の雰囲気が良く、社会的弱者と言われる方に対しての支援に興味が湧いたので入職しました。また、多様な事業を展開しているので人事異動により、様々な経験が出来る所や、資格取得制度があるところも自彊館を選んだポイントです。

■ 大阪自彊館の魅力や印象を教えてください。

休日が他施設に比べて多いところ、有給が取りやすいところが魅力です。仕事も大切ですが、趣味や遊ぶことも大切なので、息抜きしながら働くことが出来ています。また、職員クラブもいくつかあり、法人としても仕事と私生活を充実させるワーク・ライフ・バランスを大切にしています。

■ 今の仕事のどんな所にやりがいを感じますか?

利用者さんの障がい特性や性格、価値観はそれぞれ違うので、支援が上手く進まないこともたくさんあります。
そんな中で、その方の意向を汲み取れ、うまく応えられたときや笑顔を見ることが出来たときはやりがいを感じます。

■ 小山さんのこれからの目標を教えてください。

利用者さんに「ここに来てよかった」と思ってもらうことが目標です。将来について一緒に考え、構築していく重要な過程を担う施設でもあるので、自分の知識や技能を向上させながら、利用者にとってより良い支援を行っていきたいです。