先輩インタビュー

HOME» 先輩インタビュー »ケアスタッフ 岡浩平

先輩インタビュー

ケアスタッフ 岡浩平


 

■ 現在の仕事内容は?

通所介護事業所(デイサービス)で介護職兼生活相談員として働いています。
高齢のご利用者様の身体的介助(入浴・排泄等)や送迎、ご利用者様に楽しんで頂けるように創作活動やレクリエーション・
リハビリの充実に日々取り組んでいます。
また、生活相談員として新たにデイサービスに来られる高齢者の方の事前面談や体験準備、契約なども行っています。

■ 大阪自彊館に入職したきっかけは?

幼少の頃、近所の高齢者の方のお手伝いをした時に、何気ない「ありがとう」が心地よく、人の役に立つ仕事につきたいと思うようになりました。その後、福祉関係の大学に進学し、実習として大阪自彊館の特養で学ぶことになりました。その際、職員の優しい声掛けや対応が嬉しくこの法人で働きたいと思いました。
また、当時の尊敬する大学教師に強く勧められたのも大きな要因です。(大学教師は当法人出身です。)

■ 大阪自彊館の魅力や印象を教えてください。

福祉業界では珍しく、休暇が取りやすいのが特徴です。育児等の時短制度も魅力です。それに加え、高齢福祉や障がい福祉、救護、など多くの事業があり、自分自身が成長するチャンスがたくさんあります。また、研修等に自己申告でも行くことができ、学びたいことが学びやすい環境です。

■ 今の仕事のどんな所にやりがいを感じますか?

生活相談員として地域に出る機会が多く、知らない方とも面識ができ、その方の親族や友人などが通所介護事業所(デイサービス)を利用されたり、ボランティアとしてお手伝いして下さったりなど、地域住民の方と『繋がる』ことに重要性を感じています。実際に、ボランティアの皆様のおかげで新たなボランティアやご利用者様との出会いがすこしずつ増えてきています。

■ 岡さんのこれからの目標を教えてください。

高齢化が進み、施設単体での福祉だけでは成り立たなくなる時代が必ずやってきます。普段から地域と繋がることに加え、ボランティアの力を多く取り入れて地域全体で高齢者をサポートする環境を築きあげたいと考えています。そのためにベラミで補えるサービスを考えたり提供できる知識やスキルを広げたいと考えています。