先輩インタビュー

HOME» 先輩インタビュー »ケアスタッフ 木下恵一

先輩インタビュー

ケアスタッフ 木下恵一


 

■ 現在の仕事内容は?

特別養護老人ホームの介護福祉士として勤務しています。認知症状があり、何らかの介助を必要とする方々への食事・排泄・入浴介助の支援を主に行っています。身体介護以外にも、ご利用者様の身のまわりで必要な物を準備したり、購入したりと、普段の生活の中での援助も行っています。日々、変化するご利用者様一人ひとりの状態に合わせた個別支援を行うように心掛けています。その他でも、所属している委員会を通じて、ご利用者様に安心して介助を受けていただけるよう、介護技術講習等を計画し、職員のレベルアップを図っています。

■ 大阪自彊館に入職したきっかけは?

学生時代の施設実習で、障害者施設エフォールに行かせていただきました。その実習の中で、ご利用者様への「自立支援」に対する職員の方々の思いを学ばせていただき、自分自身も大阪自彊館で働きたいと思い、入職を決めました。

■ 大阪自彊館の魅力や印象を教えてください。

当法人は幅広い年齢層の職員が勤務しており、色々な視点からのアドバイス等をもらう事が出来ます。職員育成の方針も明確に決まっており、色々と困った事があった時には、相談をしやすい環境が整っていると思います。目標となる先輩方も多くおられ、道しるべとなってくれています。

■ 今の仕事のどんな所にやりがいを感じますか?

ご利用者様あっての仕事ですので、日々関わりを持つ中で信頼関係を築ける事。自分の考える支援内容が上手くいった時の充実感。ご利用者様からの「ありがとう」と言う感謝のお言葉をいただいた時等にやりがいを感じます。

■ 木下さんのこれからの目標を教えてください。

人から目標とされるような人間になりたいと思います。今まで自分自身が困った時に、先輩方からアドバイスをいただいたり、フォローしていただいたり、たくさん助けていただき、自分の中での目標とさせていただいてきました。これからは自分がその立場に立てるよう、知識を深め、信頼され、目標とされるよう、日々努力をしていきたいと思っています。